宿泊施設は、安全面や交通面で都市部にあるシティホテルの需要は世界的に高く、ネットの口コミサイトなどで評判の良いホテルを気軽に探せるようになっています。

今後需要の見込める海外観光地や宿泊事業

MENU

今後需要の見込める海外の人気観光地と宿泊施設

海外旅行は国内外問わず、世界的な景気の回復により、旅行者は増えておりますが、原油価格の高騰は依然として進んでおり、海外でも比較的近い観光地が人気となっております。

 

日本人向けでいうと、東南アジアやグアムなどは今後も継続した人気を維持する可能性は高く、東南アジアでは、日本人向けに観光地として整備を進めようとしている地域もありますので新たなHOTスポットが今後誕生するかもしれません。

 

世界的に見ると、やはりヨーロッパの人気は高く、ヨーロッパ内の国の人はユーロの普及や欧州連合の取り組みで、比較的容易に隣国に往来できるようになっている国も多く、アメリカや中国などからの観光客も多くなっております。

 

 

今後需要が高まる見込みがある観光地としましては、今年ワールドカップが行われ、次にリオディジェネイロオリンピックを控えているブラジルは、今回のワールドカップでも世界各国で観光地特集の紹介も行われ、有名な観光地も多数あるので需要が高まる可能性があります。


 

他にも一目見たいと思っている人も多いオーロラが見える観光地。
北米や北欧なども、オーロラツアーはコストが高いというネックもありますが、近年では、世界景気の回復に伴い需要は増加傾向にあります。

 

飛行機の写真

宿泊施設としては、その国の治安や特色によって大きく左右されますが、やはり安全面や交通面で都市部にあるシティホテルの需要は世界的に高く、最近はネットでも口コミサイトなどで評判の良いホテルを気軽に探せるようになってきました。

 

どのような施設でもセキュリティは誰もが気にする内容で、海外ではホテルの従業員もグルになっている盗難も多いので、ただ安いホテルよりかは、多少は信頼できる、リスク回避ができるような宿泊施設が人気となっています。

 

他にも、ペンションや日本の民宿のようなホームステイ感覚で泊まれる施設などの需要も高まっており、宿泊事業はその国や地域の特色にあった施設というのが重要になってきます。

 

 

一方国内の人気観光地と観光需要が見込める立地とは?