国内でHOTな観光地は、沖縄・北海道などの定番スポットが引き続き強いほか、震災被害があった宮城・岩手などの需要も高まっております。

国内でHOTな観光地と今後需要が見込める立地とは

MENU

国内の人気観光地と観光需要が見込める立地

国内でHOTな観光地といえば、沖縄と北海道が昔から根強い人気があり、LCCなどの格安航空会社の登場でよりお手軽な観光地にもなりました。

 

こういった、本州とは一味違った気候や魅力がある沖縄・北海道は今後も継続した盛り上がりを見せていく可能性は高いです。

 

老夫婦の紅葉の写真

ガッツリ本気で旅行するような行き先だけではなく、本州でも、東京をはじめ、各都市部からのアクセスが良い、安くて近いを売りにした観光地も盛り上がりを見せており、関東でいうと、熱海などはバブル時のピークから、観光地としての人気はずっと減少傾向が続いておりましたが、近年再び、注目され盛り上がりを見せております。

 

観光地としての人気も、以前として、温泉の人気は高く、色々と観光スポットを走り回るような旅行よりかは、比較的お手軽な距離で温泉に入りながら、ゆっくり旅行をして日頃の疲れを癒すような温泉地は高い人気となっております。

 

 

また、近年注目されている観光地としては、東日本大震災にあった、東北。

特に宮城県・岩手県など津波の被害が大きかったところは、復興という意味で観光しに行くほか、津波の爪痕は依然多く残っており、社会見学のような形で東北に行く人も増えております。

 

最近では、原発事故による、放射能汚染問題もひと段落して、より東北などへの観光需要は高まっていく可能性があります。

 

ほかには、近年B-1グランプリなど、地方のご当地グルメも注目を集めており、観光の要素の中でも食というものを目的として旅行の行き先を決める人も増えてきました。

 

例に出すと北海道なら海鮮料理、沖縄は沖縄料理、仙台は牛タン、大阪はたこ焼き・お好み焼きなど、食にも強みを持っている観光地は今後もHOTな盛り上がりを見せていくと思います。

 

 

LCCの格安航空会社の飛行機も年々取り扱いルートが増えてきております。

今は、手軽には行けないような場所(例えば四国だったり、南九州・東北)なども、LCCの普及によっては、今よりもとても気軽に行けるようになり、需要が増えていく可能性もあります。

 

 

海外のHOTな観光地まとめ