旅館、民宿、別荘を購入・建築をお考えの方へ国内外のおすすめの場所をご紹介!

旅館、民宿、別荘の費用の相場を大公開!

MENU

旅館、民宿、別荘を建てる費用、購入時に気をつけること

近年、国内の宿泊施設の傾向は変化が見られてきました。リーマンショックからの消費意欲の減少は回復に時間を要しましたが、近年のアベノミクスの効果もあり、回復傾向にあります。

 

2014年の4月より消費税増税に伴い、家電や車などの売れ行きには大きな影響が出ていますが、旅行については、増税前に駆け込みで行くような物ではなく、定期的に行きたい方や大型連休には旅行したいという方も多く、宿泊を伴う旅行に出かける回数は、昨年と同様。
もしくは増やしたいと思っている人が多く、宿泊にかける予算も、これまでと同じ~予算を増やしたいと思っている方が多いようです。

 

キャリーバックの写真

増税後の2014年のゴールデンウィークでは、旅行者数が過去3番目に多かったというデータもあり、消費税増税による影響を受けるどころか、消費税増税に伴う節約志向のストレスを旅行で発散する人が急増している状況にあります。

 

こういった消費者意欲もあり、国内宿泊施設の需要についても、回復傾向を見せておりますが、宿泊施設の予約方法にも大きな変化があり、インターネットからの予約というのがどの宿泊施設でも主流となり、またその地域の観光や、移動がセットになったパックツアーも増えてきております。

 

そうした傾向から、宿泊施設の客単価は減少傾向にあるものの、早期割引や直前割引などで、入室率を高くしようという動きを見せている施設も多く、さまざまな割引を駆使すれば、宿泊料金は大きくディスカウントもされるようになってきております。

 

 

 

 

また、こうしたネット予約などが主流になってきて現代、ユーザーが宿を探す際に口コミ投稿や宿泊レビューなどを参考にする傾向も強くなり、仮に安いだけでも、値段以外に何も魅力がないと、客は全然入ってこず、立地や宿泊設備がしっかりしているところでも、経営不振におちいってしまう宿泊施設も多く宿泊施設のM&Aも多いのが近年の傾向です。


 

 

LCCの登場などで、飛行機を利用した国内旅行も手軽にはなってきましたが、現状、恩恵を受けているのは沖縄など一部の人気観光地程度で、全国的には、地方の宿泊施設は厳しい状況が続いてきております。

 

旅行に行く相手・人数という面でも、20~40代男性のアンケートでは、旅行に行く相手で最も多いのは家族ですが、それに次いで多い回答が一人で旅行に行くという回答になっており、

 

男性のみではなく、10代20代の若い女性も一人で旅行に行く人が多く、宿泊施設も、1名から利用のところが多かったり、ビジネスホテルのシングルの需要が増えてきております。

 

若い男女で一人でマイペースに旅行がしたいという需要が高まっている中、最もコアな世代と言える団塊世代では以前としてバスツアーなどの人気が高く、各社ともツアーによるお得感を出す為の価格競争や内容の充実度の競争も激化しており、宿泊施設でも、旅行会社との価格交渉が激しさを増しております。

 

宿泊施設の規模としては、トイレやお風呂などが比較的綺麗だったり、従業員が30人以上いるような、それなりの規模の宿泊施設が人気が高く、民宿は苦戦や後継者不足などにより減少傾向にあります。

 

夫婦の画像

民宿は一般のホテルや旅館に比べて安いイメージが最近まではありましたが、近年は旅館やホテル・ビジネスホテルの低価格化も進んでおり、民宿は価格だけでは勝負しにくい状況にあり、沖縄など、人気観光地では、見た目から普通の家に手を加えた民宿というよりかは、最初から宿泊施設として作られたような立派な施設の民宿が多くなっております。

 

1泊、3万円以上するような高級宿泊施設も、場所によっては予約が数ヶ月先まで埋まっているようなところなどもあり、全体的な宿泊業界のデフレが進んでいる中、一部では、品質志向の需要も伸びております。

 

国内の人気定番観光地とこれから需要が見込める観光地の情報を記載

 

 

最近では資金調達の方法としてファクタリングが注目されています。
即日融資も可能ということで利用する経営者もいます。メリット・デメリットを正しく理解し、上手く活用していきましょう。
ファクタリング会社を徹底比較⇒https://www.carinavi.org