温泉は旅館を運営する上でとても有利なツールではありますが、しっかりコストを計算して計画する必要があります。

旅館建設で気をつけなければいけない10のポイント

MENU

旅館を建設して営業するときに重要な10のポイント

旅館を建設するにあたり、気をつけなければいけいないポイントがいくつかあります。
今回は簡単に10個のポイントを紹介します。

 

温泉をひく場合はランニングコストも考えよう

昔から、国内旅行の行き先で高い人気を誇っているのが温泉です。
旅館を運営する場合、旅館に温泉があるというのは大きなアピールポイントとなります。

 

温泉客の写真

しかし温泉をひく場合は、2007年に温泉の爆発事故があり温泉法が厳しくなり、天然ガスが含まれているか調べて届出が必要になったり、温泉を旅館に用意するのは手続きが色々あるほか、源泉かけ流しにするのか否か等、決めなければいけないことがたくさんあります。

 

仮に温泉量がそこまで多くなかったり源泉の温度が低かったりするとランニングコストが無駄にかかるケースもあり、温度を適温に保つ技術なども必要になります。

 

温泉は旅館を運営する上でとても有利なツールではありますが、しっかりコストを計算して計画する必要があります。

 

 

各都道府県の条例を確認

旅館の営業をする場合は、各都道府県知事に申請をしないといけませんが、建築設備等の基準は旅館業法施工令で定められているほか、各都道府県知事で条例によって違うケースもありますので、建築する地域の条例等は事前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

構造設備基準を確認する

旅館として建築する場合は客室が5室以上や、客部屋の最低面積など一定の基準があります。
小規模の場合は旅館として受理されないケースもありますので気をつけましょう。

 

 

事前にマーケティングをしっかりする

温泉を建設を検討する時点でマーケティングはしっかり行いましょう。
集客性や、来客の予想ルート割合(自家用車・バス・電車)平均単価など、それぞれの立地について不利な点や有利な点をもとめ、不利な点をどうやって克服するか考えてから建設を検討するようにしましょう。

 

 

サービスに必要な一通りの許認可の基準を確認しよう

旅館業許可を取得できても、飲食店・酒タバコなどの許認可や温泉利用許可や消防法の届出など、さまざまな手続きが必要になり、仮にどれか一つでも許認可が取れないと、営業を行うのは厳しくなります。事前に、全体の許認可の流れを確認しておきましょう。

 

 

事業計画をしっかりたてよう

通常の居住用住宅と違い、旅館は従業員の賃金をはじめ、運転資金が必要になり、賃貸住宅で空き部屋があるのと、旅館で客の入りが少ないというのは全くの別次元の話になります。月に何組の客が平均単価いくらで何組来ればいいのか、しっかり事業計画をたてて、計算しましょう

 

 

近所の住民と上手に付き合おう

旅館を新規に建設する場合、地元の住民が地域活性化だといって喜んでくれるケースもあれば、近所の住民が騒がしくなる。大きい施設が経つと日当たり問題がなど、歓迎されないケースも多いです。
近所の住民は、客と接してしまうケースも起こりうるので、しっかり近所の住民でくせ者がいないか確認し了承をとって建設するようにしましょう

 

 

従業員の教育をしっかりしよう

建設段階から従業員の教育をはじめるのはとても重要です。お客さんはまずい接客を受けた際に直接怒る人はすくなくても、すぐにネットの口コミに書かれたり評判がすぐに広がります。
従業員の教育は建設段階からしっかりしておきましょう

 

 

ライバル施設を把握しよう

旅館が多く存在する観光地の場合は、ライバルとの差別化や相場を理解しておくことも重要です。
ネットやアプリで調べてみるのもいいですし、実際に泊まりにいってみるのもとても有効です。

 

 

建設する旅館が地域の色にあっているか確認する

旅館はこういった作りにすればよいというものは少なく、その観光地ごとにその街の雰囲気があった旅館にするのがとても大事です。しっかり、10年後20年後もすれない目標を持つようにしましょう。

 

 

以上のことを踏まえたら、旅館の建設費用の相場と建設期間の目安も知っておこう!